to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

仮想化環境におけるライセンスの扱いにつきまして

平素より『x-Servlet』をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

この度、昨今のx-Servletの導入環境を考慮しまして、これまでの物理環境におけるCPUカウント方式とは別に、仮想化環境におけるライセンスの扱いを定めましたので、以下のとおりご案内いたします。

【対象】 2011年10月1日以降に購入の新規ライセンス

仮想化環境におけるライセンスの扱い

物理的なCPU数に依存しない仮想化環境にx-Servletをインストールする場合は、x-Servletが稼働する仮想OS毎にライセンスが必要となります。

  • 各仮想OSのx-Servlet割当てコア数の4コアを1単位としてライセンスが必要です。
  • 1単位に満たない端数(3以下)のコアは端数につき1ライセンス必要です。
  • 追加ドメインライセンスは、必要となるx-Servletのライセンス数毎に必要です。
    (※x-Servletの「ドメイン数」とは、変換対象の接続先ホストの数です)

ケース別 x-Servletライセンス数

以下に、必要となるx-Servletのライセンス数を、ケース別に明示しましたのでご参照ください。

■ケース1  [ x-Servlet ライセンス数: 1 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]を「1つ」稼働させる場合。

x-Servlet ライセンス数:1

この場合に必要となる x-Servletのライセンス数は[ 1 ]となります。

■ケース2  [ x-Servlet ライセンス数: 2 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「2つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

x-Servlet ライセンス数:2

この場合に必要となる x-Servletのライセンス数は[ 2 ]となります。

■ケース3  [ x-Servlet ライセンス数: 5 ]

8コアの物理CPUを3つ搭載した物理サーバに、[8コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]と、[12コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

x-Servlet ライセンス数:5

この場合に必要となる x-Servletのライセンス数は[ 5 ]となります。

■ケース4  [ x-Servlet ライセンス数: 4 ]

4コアの物理CPUを2つ搭載した物理サーバに、[2コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]と、[1コア]ずつ割り当てた「2つ」の[仮想OS]、そして[4コア]を割り当てた「1つ」の[仮想OS]を立て、[x-Servlet 起動プロセス]をそれぞれ稼働させる場合。

x-Servlet ライセンス数:4

この場合に必要となる x-Servletのライセンス数は[ 4 ]となります。

こちらの件につきましてご不明な点など御座いましたら、下記までお気軽に問い合わせください。

【電話でのお問い合わせ】 03-5365-2800
【Webからのお問い合わせ】 お問い合わせ

【受付時間】
月~金曜日(祝祭日・当社所定の休日を除く) 10:00-18:00
18:00以降のお問い合わせは翌営業日になる場合がございます。

タグ: 
x-Servlet