要素一覧

概要

以下に、contentsRule.xml および contentsRuleDefault.xml で使用する要素について、それぞれのモードでの条件を一覧にします。
「項目省略時の値」とは contentsRule.xml で項目が存在しない場合に、x-Servletが出力する値です。

一覧表

  デフォルトモード スルーモード リダイレクトモード contentsRule.xmlへの記述 contentsRuleDefault.xmlへの記述 項目省略時の値
<ConditionHost> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<ConditionPort> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<ConditionDir> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<ConditionFile> 使用不可 使用不可 省略可      
<ConditionUAGroup> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<Scheme> 省略可 省略可 省略可 (○)   "http"
<Host> 必須 必須 必須 ○(削除不可) ○(削除不可)  
<Port> 必須 必須 必須 ○(削除不可) ○(削除不可)  
<PreDir> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<File> 使用不可 使用不可 省略可      
<UseUAHeader> 省略可 省略可 省略可 (○)    
<DefaultEncoding> 必須 必須 使用不可 ○(削除不可) ○(削除不可)  
【一覧表の内容】
必須:項目が必須です。省略するとx-Servletが起動しません。
省略可:用途に合わせて項目を省略することが出来ます。
使用不可:モードによって使用しても意味の無い項目です。
○:contentsRule.xmlおよびcontentsRuleDefault.xmlにデフォルトで項目がありますが、値は設定されていません。
( ):contentsRule.xmlおよびcontentsRuleDefault.xmlにデフォルトで項目がありますが、コメントアウトされています。

※<Attribute> の name属性については属性一覧を参照ください。

TOP