<object>

いろいろな添付ファイルを指定する。( Flash に関する ML 変換ルールは Flash コンテンツ参照)

対応バージョン:全てのバージョン

CHTML

マークアップ言語バージョンが3.0以上で type 属性値が "application/x-jam" の場合、もしくはマークアップ言語バージョンが5.0以上の場合

変換結果:

<object

type

@type

declare

"declare"

id

@id

data

@data

width

@width

height

@height

>

${children}

</object>

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

変換結果:

<object

type

@type

declare

"declare"

id

@id

class

@class

style

@style

data

@data

width

@width

height

@height

>

${children}

</object>

上記以外の場合

変換結果:

${children}

IXHTML

XHTML 対応機種の場合

変換結果:

<object

type

@type

declare

"declare"

style

@style

id

@id

data

@data

width

@width

height

@height

>

${children}

</object>

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

変換結果:

CHTML 「iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合」 と同様。

上記以外の場合

変換結果:

CHTML 「上記以外の場合」 と同様。

VHTML

type 属性が指定されている場合

変換結果:

<object

type

@type

declare

"declare"

data

@data

height

@height

width

@width

standby

@standby

id

@id もしくは @name

class

@class

style

@style

>

${children}

</object>

上記以外の場合

変換結果:

${children}

XHTMLBasic

type 属性が指定されている場合

変換結果:

<object

type

@type

data

@data

height

@height

width

@width

copyright

@copyright

standby

@standby

id

@id もしくは @name

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※1]

>

${children}

</object>

詳細説明

[※1]  lang 属性は "xml:lang" に書き換えます。

EXHTML

変換結果:

○タグ出現位置に記述する部分

<object

data

@data

type

@type

data

@id

classid

@classid

width

@width

height

@height

usemap

@usemap

declare

"declare"

name

@name

id

@id

class

@class [※1]

style

@style

copyright

@copyright [※2]

private

@private [※2]

mediaout

@mediaout [※2]

>

${children}

</object>

○スタイルシートとして記述する部分 (指定がある場合のみ各セレクタ記述を行う)

.object_ {

margin-right: @hspace + "px;"

margin-left: @hspace + "px;"

margin-top: @vspace + "px;"

margin-bottom: @vspace + "px;"

{

詳細説明

[※1]  hspace 属性、 vspace 属性のいずれかが指定されている場合は "object_" も出力します。

[※2]  属性値が "yes" , "no" の場合に出力します。

TOP