<input>

入力項目を記述する。
事前処理として、下記2点が行われている。

  • 属性の書き換え
    name 属性が「同一 <form> タグ内に存在する入力項目中での、この入力項目の index」に書き換わっている。
    @type が "checkbox" の場合、value 属性が "t" に変更されている。
    @type が "radio" の場合、同じ name 属性を持つ <input type="radio"> タグ中のタグの index が index 属性に指定されている。
  • Session 内の入力項目値格納変数の初期化
    Session 内には各入力項目の現在の入力値を格納しておく変数があるが、この値をそれぞれの入力項目の初期値で初期化しておく。
    また、<form> タグ内に存在する <input> タグの場合は以下の ML 変換を行うが、<form> タグの外に存在する <input type="text"> 以外のタグは無視し、<input type="text"> の場合は @value を表示する。

対応バージョン:全てのバージョン

CHTML

<form> タグの中に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

<input

type

"text"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

istyle

@istyle [※3]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "password" の場合

変換結果:

<input

type

"password"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "checkbox" の場合

変換結果:

<input

type

"checkbox"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

"t" [※5]

checked

"checked" [※6]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "radio" の場合

変換結果:

<input

type

"radio"

name

@name [※7]

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

checked

"checked" [※8]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "hidden" の場合

変換結果:

<input

type

"hidden"

name

@name

value

@value

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>


※ <input type="hidden"> タグの情報を端末に届けたい場合には <input type="hidden"> タグに through 属性を指定してください。
    詳細については、<input> タグFORM 送信をご覧ください。

type 属性値が "submit" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "reset" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

"action-RF_n"

value

@value [※10]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "image" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※9]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

type 属性値が "button" の場合  [※4]

変換結果:

<input

type

"button"

name

@name

value

@value [※2]

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id [※4]

class

@class [※4]

style

@style [※4]

>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

<form> タグの外に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

@value

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

「0-9 , # , *」のいずれかのみが指定できる。それ以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。D502i , D209i , R209i に関しては「# , *」は使用できないため、その場合も属性を削除します。

[※2]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されているので、この入力項目の値を取得しそれを設定します。

[※3]

マークアップ言語バージョンが2.0以上の場合に出力します。「1-4」のいずれかのみが設定できます。それ以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。

[※4]

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合のみ有効です。

[※5]

value 属性値を "t" に変更します。

[※6]

Sessionにはそれぞれの入力項目の現在値が格納されている。この checkbox 入力項目に関する格納値が"t"だった場合は "checked" を設定します。

[※7]

名寄せした結果のインデックスが入っています。

[※8]

ラジオボタングループの中で、@value 属性と、checked Session の入力項目とが一致するものに "checked" を設定します。

[※9]

ボタンに表示する文字列( value 属性)として @alt 属性が有ればそれを用い、無ければ @src 属性のファイル部を用います。

[※10]

value 属性が指定されていない場合は、"RESET" を設定します。

IXHTML

XHTML 対応機種又は、iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンで <form> タグの中に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

<input

type

"text"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

istyle

@istyle

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "password" の場合

変換結果:

<input

type

"password"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "checkbox" の場合

変換結果:

<input

type

"checkbox"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

"t" [※3]

checked

"checked" [※4]

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "radio" の場合

変換結果:

<input

type

"radio"

name

@name [※5]

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

checked

"checked" [※6]

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "hidden" の場合

変換結果:

<input

type

"hidden"

name

@name

value

@value

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>


※ <input type="hidden"> タグの情報を端末に届けたい場合には <input type="hidden"> タグに through 属性を指定してください。
    詳細については、<input> タグFORM 送信をご覧ください。

type 属性値が "submit" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "reset" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

"action-RF_n"

value

@value [※8]

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "image" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※7]

id

@id [※9]

class

@class [※9]

style

@style

/>

type 属性値が "button" の場合  [※9]

変換結果:

<input

type

"button"

name

@name

value

@value [※2]

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

XHTML 対応機種又は、iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンで <form> タグの外に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

@value

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

上記以外の場合

変換結果:

CHTML と同様。

詳細説明

[※1]

「0-9 , # , *」のいずれかのみが指定できる。それ以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。

[※2]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されているので、この入力項目の値を取得しそれを設定します。

[※3]

value 属性値を "t" に変更します。

[※4]

Sessionにはそれぞれの入力項目の現在値が格納されている。この checkbox 入力項目に関する格納値が"t"だった場合は "checked" を設定します。

[※5]

名寄せした結果のインデックスが入っています。

[※6]

ラジオボタングループの中で、@value 属性と、checked Session の入力項目とが一致するものに "checked" を設定します。

[※7]

ボタンに表示する文字列( value 属性)として @alt 属性が有ればそれを用い、無ければ @src 属性のファイル部を用います。

[※8]

value 属性が指定されていない場合は、"RESET" を設定します。

[※9]

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合のみ有効です。

VHTML

<form> タグ内に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

<input

type

"text"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

value

@value [※1]

width

@width

height

@height

mode

@istyle [※2]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "password" の場合

変換結果:

<input

type

"password"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

value

@value [※1]

width

@width

height

@height

mode

@istyle [※3]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "checkbox" の場合

変換結果:

<input

type

"checkbox"

name

@name

value

"t" [※4]

checked

"checked" [※5]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "radio" の場合

変換結果:

<input

type

"radio"

name

@name [※6]

value

@value

checked

"checked" [※7]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "hidden" の場合

変換結果:

<input

type

"hidden"

name

@name

value

@value

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "submit" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※8]

value

@value

vibration

@vibration

viblength

@viblength

src

@src

loop

@loop

soundstart

@soundstart

volume

@volume

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "reset" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

"action-RF_n"

value

@value [※9]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "image" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※8]

value

@value [※10]

vibration

@vibration

viblength

@viblength

src

@src

loop

@loop

soundstart

@soundstart

volume

@volume

id

@id

class

@class

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

<form> タグの外に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

@value

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

Sessionにはそれぞれの入力項目の現在値が格納されているので、この入力項目の値を取得しそれを設定します。

[※2]

istyle 属性値により以下の文字列に変換されます。
  @istyle="1" → "hiragana"
  @istyle="2" → "hankakukana"
  @istyle="3" → "alphabet"
  @istyle="4" → "numeric"
  @istyleに上記以外の値が設定されていた場合はこの属性を削除します。

[※3]

istyle 属性値により以下の文字列に変換されます。
  @istyle="3" → "alphabet"
  @istyle="4" → "numeric"
  @istyle に上記以外の値が設定されていた場合はこの属性を削除します。
  注) @istyle="1"("hiragana")、@istyle="2"("hankakukana")は設定できません。

[※4]

value 属性値を "t" に変更します。

[※5]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されている。この checkbox 入力項目に関する格納値が "t" だった場合は checked="checked" を設定します。

[※6]

名寄せした結果のインデックスを設定します。

[※7]

ラジオボタングループの中で、@value 属性と、checked Session の入力項目とが一致するものに checked="checked" を設定します。

[※8]

(「0-9,#,*」以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。

[※9]

value 属性が指定されていない場合は、属性値に "RESET" を設定し出力します。

[※10]

ボタンに表示する文字列( value 属性)として @alt 属性が有ればそれを用い、無ければ @src 属性のファイル部を用います。

XHTMLBasic

<form> タグの中に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

<input

type

"text"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

format

@format [※3]

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "password" の場合

変換結果:

<input

type

"password"

name

@name

size

@size

maxlength

@maxlength

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※2]

format

@format [※3]

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "checkbox" の場合

変換結果:

<input

type

"checkbox"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

"t" [※4]

checked

"checked"

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "radio" の場合

変換結果:

<input

type

"radio"

name

@name [※6]

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

checked

"checked" [※7]

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "hidden" の場合

変換結果:

<input

type

"hidden"

name

@name

value

@value

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>


※ <input type="hidden"> タグの情報を端末に届けたい場合には <input type="hidden"> タグに through 属性を指定してください。
    詳細については、<input> タグFORM 送信をご覧ください。

type 属性値が "submit" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "reset" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

"action-RF_n"

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※8]

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

type 属性値が "image" の場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

accesskey

@accesskey [※1]

value

@value [※9]

id

@id

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※10]

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

<form> タグの外に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

@value

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

「1-9」のいずれかのみが指定できます。それ以外の値が指定されていた場合はこの属性を削除します。(XHTMLSupportAccessKey=trueが設定されている場合は「0,*,#」も指定できます)

[※2]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されているので、この入力項目の値を取得しそれを設定します。

[※3]

x-Servlet の拡張属性 "wmlformat" が指定されている場合はその値を format 属性 の値として出力する。"wmlformat" が指定されていないが istyle 属性が指定されている場合は、 istyle 属性のまま出力する。

[※4]

value 属性値を "t" に変更します。

[※5]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されている。 この checkbox 入力項目に関する格納値が "t" だった場合は checked="checked" を設定します。

[※6]

名寄せした結果のインデックスを設定します。

[※7]

ラジオボタングループの中で、@value 属性と、checked Session の入力項目とが一致するものに checked="checked" を設定します。

[※8]

value 属性が指定されていない場合は、属性値に "RESET" を設定し出力します。

[※9]

ボタンに表示する文字列( value 属性)として alt 属性が有ればそれを用い、無ければ src 属性のファイル部を用います。

[※10]

lang 属性は "xml:lang" に書き換えます。

EXHTML

<form> タグの中に存在する場合

type 属性値が "text" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"text"

name

@name

value

@value [※1]

size

@size

maxlength

@maxlength

readonly

@readonly

accesskey

@accesskey

istyle

@istyle [※2]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "password" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"password"

name

@name

value

@value

size

@size

maxlength

@maxlength

readonly

@readonly

accesskey

@accesskey [※1]

istyle

@istyle [※2]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "checkbox" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"checkbox"

name

@name

value

"t"

checked

"checked" [※3]

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "radio" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"radio"

name

@name

value

@value

checked

"checked" [※4]

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "hidden" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"hidden"

name

@name

value

@value

id

@id

class

@class

style

@style

/>


※ <input type="hidden"> タグの情報を端末に届けたい場合には <input type="hidden"> タグに through 属性を指定してください。
    詳細については、<input> タグFORM 送信をご覧ください。

type 属性値が "submit" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

value

@value

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "reset" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

value

@value

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "button" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"button"

name

@name

value

@value

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

type 属性値が "image" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

"submit"

name

@name

value

@value

accesskey

@accesskey [※1]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

<form> タグの外に存在する場合

type 属性値が "text" の場合

変換結果:

@value

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

「0-9,#,*」のいずれかのみが指定できます。それ以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。

[※2]

「1-4」のいずれかのみが設定できます。それ以外の値が入っていた場合はこの属性を削除します。

[※3]

Session にはそれぞれの入力項目の現在値が格納されている。 この checkbox 入力項目に関する格納値が "t" だった場合は checked="checked" を設定します。

[※4]

ラジオボタングループの中で、@value属性と、checked Sessionの入力項目とが一致するものにcheckedを設定する。
TOP