<button>

ボタンを表現する。

対応バージョン:全てのバージョン

CHTML

iモードブラウザ1.0の場合

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

@type

accesskey

@accesskey [※1]

name

@name [※2]

value

@value [※3]

>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "button" , "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<button

type

@type

accesskey

@accesskey [※1]

name

@name [※2]

value

@value [※3]

id

@id

class

@class

style

@style

>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

accesskey 属性値が 「 0-9 , # , * 」以外の場合は、この属性を削除します。 また、D502i , D209i , R209i に関しては 「# , *」 は使用不可の為、その場合もこの属性を削除します。

[※2]

type 属性が "submit" の場合は、この <button> タグを含む <form> タグ中に含まれる入力項目内での INDEX になります。
type 属性が "reset" の場合は "action-RF_x" になります。

[※3]

1. ${children} 中に TEXT 要素が存在する場合、一番初めに見つかる text 要素の値になります。
2. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、img 要素が存在しその img 要素に alt 属性がある場合、その alt 属性値になります。
3. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、img 要素は存在するが alt 属性を持つものが無い場合、指定されている src 属性値のファイル部になります。
4. @type が "reset" の場合は "RESET" と大文字に変換します。

IXHTML

iモードブラウザ1.0の場合

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

@type

accesskey

@accesskey [※1]

name

@name [※2]

value

@value [※3]

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "button" , "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合

XHTML 対応機種の場合

変換結果:

<button

type

@type

accesskey

@accesskey [※1]

name

@name [※2]

value

@value [※3]

id

@id

class

@class

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

CHTML 「iモードブラウザ1.0の場合」 の
<form> タグ内に存在し、type 属性値が "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合」 と同様。

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

accesskey 属性値が 「 0-9 , # , * 」以外の場合は、この属性を削除します。

[※2]

type 属性が "submit" の場合は、この <button> タグを含む <form> タグ中に含まれる入力項目内での INDEX になります。
type 属性が "reset" の場合は "action-RF_x" になります。

[※3]

1. ${children} 中に TEXT 要素が存在する場合、一番初めに見つかる text 要素の値になります。
2. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、img 要素が存在しその img 要素に alt 属性がある場合、その alt 属性値になります。
3. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、img 要素は存在するが alt 属性を持つものが無い場合、指定されている src 属性値のファイル部になります。
4. @type が "reset" の場合は "RESET" と大文字に変換します。

VHTML

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "submit" , "reset" で disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

accesskey

@accesskey [※1]

type

@type [※2]

name

@name [※3]

value

@value [※4]

id

@id もしくは @name

class

@class

style

@style

/>

上記以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

accesskey 属性値が 「 0-9 , # , * 」 以外の場合は、この属性を削除します。

[※2]

type 属性値が "submit" であるか "reset" であるかは @name の値で判明します。

[※3]

type 属性値が "submit" の場合は、この <button> タグを含む <form> タグ中に含まれる入力項目内での INDEX になります。

[※4]

1. ${children} 中に TEXT 要素が存在する場合、一番初めに見つかるTEXT 要素の値になります。
2. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグが存在しその <img> タグに alt 属性がある場合、その alt 属性値になります。
3. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグは存在するが alt 属性を持つものが無い場合、指定されている src 属性値のファイル部になります。
4. type 属性値が "reset" の場合は "RESET" になります。

XHTMLBasic

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "submit" , "reset"で、disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<input

type

@type [※1]

accesskey

@accesskey [※2]

name

@name [※3]

value

@value [※4]

id

@id もしくは @name

class

@class

style

@style

/>

それ以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

固定。元が "submit" であるか "reset" であるかは @name の値で判明します。

[※2]

accesskey 属性値が 「 0-9 , # , * 」 以外の場合は、この属性を削除します。

[※3]

type 属性値が "submit" の場合は、この <button> タグを含む <form> タグ中に含まれる入力項目内での INDEX になります。

[※4]

1. ${children} 中に TEXT 要素が存在する場合、一番初めに見つかるTEXT 要素の値になります。
2. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグが存在しその <img> タグに alt 属性がある場合、その alt 属性値になります。
3. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグは存在するが alt 属性を持つものが無い場合、指定されている src 属性値のファイル部になります。
4. type 属性値が "reset" の場合は "RESET" になります。

EXHTML

<form> タグ内に存在し、type 属性値が "button" , "submit" , "reset" で、disabled 属性が指定されていない場合

変換結果:

<button

type

@type [※1]

name

@name [※2]

value

@value [※3]

accesskey

@accesskey [※4]

id

@id

class

@class

style

@style

>

それ以外の場合

変換結果:

非表示。

詳細説明

[※1]

type 属性値が "submit" であるか "reset" であるかは @name の値で判明します。

[※2]

type 属性値が "submit" の場合は、この <button> タグを含む <form> タグ中に含まれる入力項目内での INDEX になります。

[※3]

1. ${children} 中に TEXT 要素が存在する場合、一番初めに見つかるTEXT 要素の値になります。
2. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグが存在しその <img> タグに alt 属性がある場合、その alt 属性値になります。
3. ${children} 中に TEXT 要素が存在せず、<img> タグは存在するが alt 属性を持つものが無い場合、指定されている src 属性値のファイル部になります。
4. type 属性値が "reset" の場合は "RESET" になります。

[※4]

accesskey 属性値が 「 0-9 , # , * 」 以外の場合は、この属性を削除します。
TOP