<body>

文書の本体を示す。

対応バージョン:全てのバージョン

CHTML

マークアップ言語バージョンが1.0の場合

変換結果:

<body>

${children}

</body>

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor

text

@text

link

@link

alink

@alink

vlink

@vlink

background

@background [※3]

id

@id

class

@class

style

@style

>

${children}

</body>

上記以外の場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor [※1]

text

@text [※1]

link

@link [※1]

alink

@alink [※2]

vlink

@vlink [※2]

background

@background [※3]

>

${children}

</body>

詳細説明

[※1]

マークアップ言語バージョンが2.0以上の場合に出力します。

[※2]

マークアップ言語バージョンが4.0以上の場合に出力します。

[※3]

マークアップ言語バージョンが6.0以上の場合に出力します。

IXHTML

XHTML 対応機種の場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor

text

@text

link

@link

alink

@alink

vlink

@vlink

background

@background [※1]

style

@style

>

${children}

</body>

iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合

変換結果:

CHTML 「iモードブラウザ2.0以上、スマートフォンの場合」 と同様。

上記以外の場合

変換結果:

CHTML 「上記以外の場合」 と同様。

詳細説明

[※1]

マークアップ言語バージョンが6.0以上の場合に出力します。

VHTML

変換元コンテンツが XHTML で作成され、xproxy.properties の supportsXhtmlInput が "true" の場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor

text

@text

link

@link

background

@background

id

@id もしくは @name

class

@class

style

@style

>

${children}

</body>

上記以外の場合

変換結果:

タグ出現位置に記述する部分

<body

background

@background

id

@id もしくは @name

class

@class

style

@style

>

${children}

</body>

スタイルシートとして記述する部分 (指定がある場合のみ各セレクタ記述を行う)

body {

background-color: @bgcolor;

color: @text;

}

a:link {

color: @link

}

XHTMLBasic

変換元コンテンツが XHTML で作成され、xproxy.properties の supportsXhtmlInput が "true" の場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor

text

@text

link

@link

background

@background

id

@id もしくは @name

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※1]

>

${children}

</body>

上記以外の場合

変換結果:

タグ出現位置に記述する部分

<body

background

@background

id

@id もしくは @name

class

@class

title

@title

style

@style

xml:lang

@lang [※1]

>

${children}

</body>

スタイルシートとして記述する部分 (指定がある場合のみ各セレクタ記述を行う)

body {

background-color: @bgcolor;

color: @text

}

a:link {

color: @link

}

詳細説明

[※1]

lang 属性は "xml:lang" に書き換えます。

EXHTML

変換元コンテンツが XHTML で作成され、xproxy.properties の supportsXhtmlInput が "true" の場合

変換結果:

<body

bgcolor

@bgcolor

text

@text

link

@link

vlink

@vlink

alink

@alink

background

@background

id

@id

class

@class

style

@style

>

${children}

</body>

上記以外の場合

変換結果:

タグ出現位置に記述する部分

<body

id

@id

class

@class

style

@style

>

${children}

</body>

スタイルシートとして記述する部分 (指定がある場合のみ各セレクタ記述を行う)

body {

background-color: @bgcolor;

color: @text;

background-image: url ( @background );

[※1]

}

a:visited {

color: @vlink

}

a:active {

color: @alink

}

a:link {

color: @link

}

詳細説明

[※1]

background 属性値をルールに従って書き換えたものになります。

注意点

  • Version 2.9.0 以降では background 属性で指定された画像に対してリンク変換が行われセッション ID が付加されます。
  • 二重化機能を用いてサーバ ID を使用している場合は、サーバ ID に 「 ( 」、「 ) 」 が含まれていると問題になる場合があります。
    詳しくは 「二重化機能」 をご覧ください。
TOP