実機表示

シミュレータで正しく表示されない
test.co.jpにアクセスするとエラーが発生する
docomo機種でSSLのポップアップダイアログが大量に出てしまう
iモード向けxhtmlのコンテンツを実機で見ると、レイアウトが崩れたり装飾がなくなっている
元コンテンツ中にx-Servlet拡張機能の<x:separate>タグを設定してもページ分割されない

シミュレータで正しく表示されない

x-Servletはシミュレータには対応していませんので、実際の携帯電話で確認してください。

test.co.jpにアクセスするとエラーが発生する

"http://www.test.co.jp"のようにパスが指定されていないURLへアクセスするとエラーが発生する機種が存在します(PCブラウザ等であれば"/"が自動的に補正されることもあります)。
"http://www.test.co.jp/"のように"/"を付与してからアクセスを行ってください。

docomo機種でSSLのポップアップダイアログが大量に出てしまう

HTTPS 通信下でページ内に画像を含んでいるとリクエストの数だけポップアップウインドウが表示されます。
これを抑制するには xproxy.properties の設定を以下のように設定してください。

xproxyAcceptType=2
requestProcessor.maxKeepAliveRequest=7

requestProcessor.maxKeepAliveRequest は1ページ内に含まれる画像ファイルの数+1 を指定します。Webページ内で一番画像を多く含んでいるページに合わせて設定してください。

参考:作ろうiモード「SSL動作フロー」
http://www.nttdocomo.co.jp/service/developer/make/content/ssl/flow/index.html(外部サイトへ移動します)

iモード向けxhtmlのコンテンツを実機で見ると、レイアウトが崩れたり装飾がなくなっている

xproxy.properties の supportsXhtmlInput を"true"に設定してください。

元コンテンツ中にx-Servlet拡張機能の<x:separate>タグを設定してもページ分割されない

<x:separate>タグは記述した部分で必ずページ分割を発生させるタグではありません。
詳細についてx-Servletマニュアルの <x:separate> をご参照ください。

TOP