接続先ホストを増やしたい

概要

接続先ホストは、contentsRule.xmlの<Host>にIPアドレスあるいはドメイン名で指定します。
コンテンツルールを複数設定する場合に、この<Host>の値が異なるとx-Servletは別の接続先ホストとしてカウントします。

なお、接続先ホスト数はxservlet.licenseの<domainCount>の数で制限されています。
もし<Host>で指定した接続先ホスト数がその制限を越えると、x-Servletは起動時にエラーダウンをしてしまうので注意が必要です。

接続先ホストを増やしたい場合は別途「Additional Domain」を購入していただく必要があります。
デフォルトの接続先ホスト数および追加が可能かどうかはx-Servletの製品ページ(フレックス・ファームのサイトへ移動します)をご確認下さい。

設定例についてご説明します。
まずxservlet.licenseの<domainCount>で設定可能な接続先ホスト数を確認します。

xservlet.license

<?xml version="1.0"?>

<xservlet-license>

  <license>

    <product>x-Servlet</product>

・・・

    <domainCount>1</domainCount> ←許可されている接続先ホスト数は1

・・・

  </license>

</xservlet-license>

上記のxservlet.licenseでは接続先ホストは1つしか許可されていないので、contentsRule.xmlの<Host>に設定できる接続先ホスト数は1つだけです。
コンテンツルールを複数設定する場合も、<Host>には同じ接続先ホストを設定してください。

contentsRule.xml

【正しい設定例】

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

<!DOCTYPE ContentsRuleList SYSTEM "contentsRule.dtd">

<ContentsRuleList>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.2</Host> ←1つ目の接続先ホスト

    ・・・

  </ContentsRule>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.2</Host> ←1つ目と同じ接続先ホスト

    ・・・

  </ContentsRule>

</ContentsRuleList>

接続先ホストが1つしか許可されていないのに、2つ以上の接続先ホストを設定した場合エラーとなります。
x-Servletは、ループバックアドレスである「127.0.0.1」やそのホスト名の「localhost」も自PCのIPアドレスとは別の接続先ホストと認識しますのでご注意ください。
下記にx-Servletが2つの接続先ホストとカウントしてしまう設定例をいくつか紹介します。

自PCのIPアドレスが「192.168.1.2」だとします。

【エラーとなる設定の例1】

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

<!DOCTYPE ContentsRuleList SYSTEM "contentsRule.dtd">

<ContentsRuleList>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.2</Host> ←1つ目の接続先ホスト

    ・・・

  </ContentsRule>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.3</Host> ←2つ目の接続先ホスト

    ・・・

  </ContentsRule>

</ContentsRuleList>

【エラーとなる設定の例2】

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

<!DOCTYPE ContentsRuleList SYSTEM "contentsRule.dtd">

<ContentsRuleList>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>127.0.0.1</Host> ←1つ目の接続先ホスト(ループバックアドレス)

    ・・・

  </ContentsRule>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.2</Host> ←自PCのIPアドレスでも2つ目の接続先ホストと認識

    ・・・

  </ContentsRule>

</ContentsRuleList>

【エラーとなる設定数の例3】

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

<!DOCTYPE ContentsRuleList SYSTEM "contentsRule.dtd">

<ContentsRuleList>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>localhost</Host> ←1つ目の接続先ホスト

    ・・・

  </ContentsRule>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>192.168.1.2</Host> ←自PCのIPアドレスでも2つ目の接続先ホストと認識

    ・・・

  </ContentsRule>

</ContentsRuleList>

【エラーとなる設定数の例4】

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>

<!DOCTYPE ContentsRuleList SYSTEM "contentsRule.dtd">

<ContentsRuleList>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>127.0.0.1</Host> ←1つ目の接続先ホスト(ループバックアドレス)

    ・・・

  </ContentsRule>

  <ContentsRule>

    ・・・

    <Host>localhost</Host> ←2つ目の接続先ホストと認識

    ・・・

  </ContentsRule>

</ContentsRuleList>

Additional Domainの購入方法

担当営業までご連絡ください。

TOP