sp_template_customize.xml設定

概要

sp_template_base.xmlの装飾指定に対し、ユーザが独自カスタマイズを行う際に記述するファイルについて説明します。

この定義ファイルは初期設定では使用されません。有効にするには contentsRuleDefault.xmlで設定を行う必要があります。

場所

x-Servlet インストールディレクトリ

conf

insertHeaders

└ sp_template_customize.xml

形式

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<insertHeader
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:noNamespaceSchemaLocation="insertHeader.xsd">
  <content>
    &lt;style type="text/css"&gt;
      (CSS設定:省略)
    &lt;/style&gt;
  </content>
</insertHeader>

説明

sp_template_base.xmlの装飾指定に対し、フォント、サイズ、カラーなどカスタマイズできる項目が定義されています。
設定できる項目の詳細は開発者ガイド スマートフォンテンプレート編をご覧ください。

注意点

  • <insertHeader> 内で定義されている内容は x-Servlet の変換対象外となります。
TOP