android.xml設定

概要

Android 端末向けに <head> タグに挿入される <meta> 記述を記したファイルについて説明します。

場所

x-Servlet インストールディレクトリ

conf

insertHeaders

└ android.xml

形式

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<insertHeader
  xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:noNamespaceSchemaLocation="insertHeader.xsd">
  <content>
    &lt;meta name="viewport" content="width=device-width"&gt;
    &lt;style type="text/css"&gt;
    body {
      font-size: 150%;
      margin:0;
      padding:0;
    }
    a:link,a:visited,a:active,a:hover {
    font-size: 115%;
    }
    &lt;/style&gt;
  </content>
</insertHeader>

説明

x-Servlet で端末が Android 端末と識別されると上記形式の <content> 部分の記述がコンテンツ内の <head> の最後に挿入されます。
この記述が挿入されることで Android 端末上での表示が以下のようになります。

  • ページの幅:端末が表示可能な幅
  • フォントサイズ:150%
  • リンクのフォントサイズ:115×150%
  • ページのマージンなし

変換結果

変換結果についてはスマートフォン対応をご覧ください。

注意点

  • <insertHeader> 内で定義されている内容は x-Servlet の変換対象外となります。
TOP