xservlet.license

※この定義ファイルは必須であり、編集は不可です。ファイルの削除や内容を変更するとx-Servletが正しく動作しません。

概要

x-Servletを使用するためのライセンスファイルです。

場所

x-Servletインストールディレクトリ

└ xservlet.license

説明

  • product
    製品名(固定)。
  • type
    製品種別。
    product : Enterprise Edition もしくは Lite Edition もしくは Saas Edition
    developer : Developer Edition
    evaluation : Evaluation Edition(評価版)
  • serial
    シリアル名。
  • expiration
    ライセンス終了日。
  • ip
    インストールPCのIPアドレス。ライセンス発行時にユーザが入力したものとなります。
  • cpu
    CPU数(固定)。
  • maxClient
    受け付け可能な同時リクエスト数の設定上限値です。
    同時リクエスト数については「受け付け可能な同時リクエスト数を変更するには」を参照ください。
  • version
    x-Servletのバージョン。

    2012年3月26日以降に発行されるライセンスファイルのバージョンナンバーは全て"2.99"となり、全てのx-Servletで共通となります。
    (従来のライセンスファイルでもそのままご利用頂けます)

  • imageConverter
    画像変換機能の使用許可を表しています。
     true : 画像変換機能の使用を許可する
     false : 画像変換機能の使用を許可しない
  • domainCount
    contentsRule.xmlの<Host>で使用可能な接続先ホスト数です。
    デフォルトは "1"。
    追加したい場合は「接続先ホストを増やしたい」を参照ください。
  • serverIDOption
    二重化機能の許可を表しています。
    true : 二重化機能の使用を許可する
    false : 二重化機能の使用を許可しない

    製品ごとに下記の設定となっています。
    Enterprise Edition : true
    Lite Edition : false
    SaaS Edition : true
    Developer Edition : true
    Evaluation Edition(評価版) : false

  • key
    ライセンスキーです。暗号化された文字列となっています。
TOP