useragent.xml設定

概要

機種情報が定義されています。

下記の情報を元にUAGroupSetting.xmlの端末グループを設定できます。

また、一部の情報はx-Servletが送信する特殊HTTPリクエストヘッダに格納して元コンテンツに受け渡すことができます。

機種情報の自動取得については機種情報の取得を参照ください。

場所

x-Servletインストールディレクトリ

conf

└ useragent.xml

形式

<?xml version="1.0"?>
<UserAgentList>
<UserAgent>
    <Class>BP</Class>
    <Terminal>
        <Name>N902i</Name>
        <ID>N902i</ID>
    </Terminal>
    <ServiceName>i-MODE</ServiceName>
    <Browser>
        <Name>DoCoMo</Name>
        <Version>2.0</Version>
    </Browser>
    <MarkupLanguage>
        <Name>CHTML</Name>
        <Version>6.0</Version>
        <ExpandVersion>0.0</ExpandVersion>
    </MarkupLanguage>
    <ContentType>text/html;charset=Shift_JIS</ContentType>
    <ContentMaxBytes>100000</ContentMaxBytes>
    <ContentMaxBytesUpdate>100000</ContentMaxBytesUpdate>
    <Display>
        <Characters>
            <Rows>12</Rows>
            <Cols>12</Cols>
            <Encoding>Shift_JIS</Encoding>
        </Characters>
        <Image>
            <Format>GIF</Format>
            <Format>JPG</Format>
                <Pixcels>
                    <X>240</X>
                    <Y>270</Y>
                </Pixcels>
                <Animation>true</Animation>
                <ColorMode>Color</ColorMode>
                <Colors>262144</Colors>
        </Image>
    </Display>
    <Flash>1.1</Flash>
    <GPS>openiarea</GPS>
    <XHTMLVersion>2.0</XHTMLVersion>
    <PictogramType>Disabled</PictogramType>
    <Cookie>false</Cookie>
    <Attribute name="atmail">false</Attribute>
    <Attribute name="PageObjectMaxBytes">100000</Attributee>
</UserAgent>
</UserAgentList>

説明

  • UserAgentList
    ルート要素。この範囲内が機種情報として扱われます。
  • UserAgent
    ユーザーエージェントに関する要素をネストします。この範囲内が1機種分の指定となります。
  • Class
    端末クラスレベル。
    PC、BP(BrowserPhone)、SP(SmartPhone)の値が設定されています。
  • Terminal
    端末に関する要素をネストします。
    • Name
      D506i、W31KII、V902SHなどの端末名。
      クローラーの場合はクローラー名が設定されています。
    • ID
      D506i、KC33、V902SHなどの端末ID。
      クローラーの場合はクローラー識別名が設定されています。
  • ServiceName
    i-MODE、EZ、J-SKYなどのサービス名。
    クローラーの場合はCrawler、CrawlerSBなどが設定されています。
  • Browser
    ブラウザに関する要素をネストします。
    • Name
      端末に搭載されているブラウザ名。
    • Version
      端末に搭載されているブラウザバージョン。
  • MarkupLanguage
    マークアップ言語に関する要素をネストします。
    • Name
      CHTML、VHTML、XHTML Basic、EXHTMLなどのマークアップ言語。
      ※マークアップ言語名の表記については「ML名について」を参照ください。
    • Version
      マークアップ言語バージョン。
    • ExpandVersion  [Version2.10.0以上]
      iモードブラウザ 2.0拡張タグ・属性に対応しているか。
      2.0、2.1など。
      iモードブラウザ 2.0拡張タグ・属性非対応の場合は0.0が設定されています。
  • ContentType
    端末が対応するContent-Type。Version2.8.0以降で<meta>タグや Content-Type ヘッダにセットされる場合があります。
    関連:Content-Typeの扱い
  • ContentMaxBytes
    端末キャッシュサイズ。
    ※auのキャッシュサイズについては<BODY>タグ内の要素がテキストのみのコンテンツを一定の文字サイズで表示させた場合について、弊社独自で調査したものを設定しております。
  • ContentMaxBytesUpdate  [Version2.9.0以上]
    最適化を行う際に使用するルートドキュメントサイズ。
    ※au と SoftBank 以外は contentMaxBytes と同じ値となります。
  • Display
    ディスプレイに関する要素をネストします。
    • Characters
      表示文字に関する要素をネストします。
      • Rows
        ブラウザ画面横表示可能文字数。
      • Cols
        ブラウザ画面縦表示可能文字数。
      • Encoding
        Shift_JIS固定。Version2.8.0以降で<meta>タグや Content-Type ヘッダに指定される"charset"にセットされる場合があります。
        関連:Content-Typeの扱い
    • Image
      画像の情報をネストします。
      • Format
        画像フォーマット形式。
      • Pixcels
        画面表示可能画像サイズに関する要素をネストします。
        • X
          ブラウザ画面表示可能画像サイズ(横幅)。
        • Y
          ブラウザ画面表示可能画像サイズ(縦幅)。
      • Animation
        Animation GIF対応かどうか。
        設定されている文字列 対象端末
        true Animation GIF対応端末
        false Animation GIF非対応端末
      • ColorMode
        画面階調のモード。Color、Gray、BlackAndWhiteのいずれかが設定されています。
      • Colors
        画面階調。
  • Flash
    Flashバージョン。
    1.0、1.1、2.0、3.0など。
    Flash非対応の場合は0.0が設定されています。
  • GPS
    GPSの各種取得方法。
  • XHTMLVersion  [Version2.8.0以上]
    対応しているXHTMLのバージョン。
    XHTML非対応の場合は0.0が設定されています。
  • PictogramType  [Version2.9.0以上]
    スマートフォンが対応している絵文字形式。
    設定されている文字列は以下の通りです。
    設定されている文字列 対象端末と出力形式
    sjis_bin docomo 端末に対して設定されており、Shift_JIS バイナリ形式となります。
    unicode docomo、SoftBank、Emobile 端末に対して設定されており、Unicode テキスト形式となります。
    false 絵文字に対応していないスマートフォン端末に対して設定されており、pictogram.xml に<Item name="HTML">xxxx</Item>が定義されている絵文字の場合はPCブラウザ用の絵文字表現、定義されていない場合は <Item name="ALT">xxxx</Item> 文字列が出力されます。
    Disabled <PictogramType> を使用しない携帯端末に設定されています。
    google  [Version2.10.0以上] 一部auのandroid端末に対して設定されており、Google絵文字形式となります。
    image  [Version2.10.0以上] 絵文字非対応の端末に対して設定されおり、画像絵文字を表示します。
    上記以外の文字列を設定した場合、pictogram.xml の ALT 文字列が出力されます。
    Google絵文字形式についてはpictogram.xml設定の参考「Google絵文字コード」のリンク先をご確認ください。
  • Cookie  [Version2.10.0以上]
    Cookie対応端末かどうか。
    設定されている文字列 対象端末
    true Cookie対応端末
    false Cookie非対応端末
  • Attribute
    追加要素。以下の種類があります。
    • atmail
      au の @mail 対応かどうか。
      設定されている文字列 対象端末
      true @mail対応端末
      false @mail非対応端末
       
    • PageObjectMaxBytes  [Version2.9.0以上]
      ルートドキュメントとオブジェクト(画像、Flashファイル)を含めた端末のキャッシュサイズ。
      コンテンツのルートドキュメントサイズが ContentMaxBytesUpdateより小さい場合、このサイズがページ分割の規準となります。

注意点

  • 機種情報が自動取得の設定(userAgent.updateがtrue)となっている場合、useragent.xml を修正してもネットワーク経由で全て上書きされます。
    独自の機種情報を追加したい場合は staticUA.xml に追加してください。
    もしくは userAgent.update を false にし、修正を行ってください。
TOP