maxClientOver.xml設定

概要

受け付け可能な同時リクエスト数を超えた時に、端末に表示されるエラーメッセージを設定できます。

場所

x-Servletインストールディレクトリ

conf

└ maxClientOver.xml

形式

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<maxClientOver:StatusLineList
    xmlns:maxClientOver="http://www.x-servlet.com/x-Servlet/maxClientOver"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.flexfirm.jp/x-Servlet/maxClientOver maxClientOver.xsd">
    
    <maxClientOver:StatusLine>
        <HttpVersion>HTTP/1.0</HttpVersion>
        <StatusCode>503</StatusCode>
        <ReasonPhrase>Service Unavailable</ReasonPhrase>
        
        <ResponseBody>Max client over</ResponseBody>
        
    </maxClientOver:StatusLine>
</maxClientOver:StatusLineList>

説明

設定できる箇所 内容
<StatusCode></StatusCode> 返却するステータスコードを記述します。
200~600までが記述でき、それ以外はエラーとなります。
<ReasonPhrase></ReasonPhrase> 返却するレスポンスヘッダの値
レスポンスヘッダを附加しない場合は空要素(NULL)としてください。
<ResponseBody></ResponseBody> 返却するレスポンスボディ部
表示したいメッセージを指定してください。
空要素(NULL)は設定できません。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<maxClientOver:StatusLineList
    xmlns:maxClientOver="http://www.flexfirm.jp/x-Servlet/maxClientOver"
    xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://www.flexfirm.jp/x-Servlet/maxClientOver maxClientOver.xsd">
    
    <maxClientOver:StatusLine>
        <HttpVersion>HTTP/1.0</HttpVersion>
        <StatusCode>503</StatusCode>
        <ReasonPhrase>Service Unavailable</ReasonPhrase>
        
        <ResponseBody>サーバが混雑しています。ただいまサーバに繋がりにくい状態になっております。大変お手数ですが、時間を置いてから再度お試し下さい。</ResponseBody>
        
    </maxClientOver:StatusLine>
</maxClientOver:StatusLineList>

上記のように修正することにより端末に

サーバが混雑しています。ただいまサーバに繋がりにくい状態になっております。大変お手数ですが、時間を置いてから再度お試し下さい。

というメッセージを返すようになります。

注意点

  • <ResponseBody>にリンクタグを含むタグを使用することはできません。
    タグを含めたい場合は「<」「>」「"」を「&lt;」「&gt;」「&quot;」などにエンコードして記述してください。
  • ここで指定した文字列はコンテンツ変換対象外であり、指定した文字列がそのまま端末に出力されます。
    また、画像を用いた場合は画像の変換も行われません。
TOP