to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

UIコンポーネントで開発工数とテスト工数を削減

『x-fit』では、UIコンポーネントを用いたサイト構築により、より短期間で不具合のないスマートデバイス対応サイトの構築が可能になります。

UIコンポーネントについて

UIコンポーネントとは

JavaScriptやCSSなどで構成された、タブレットやスマートフォン向けサイトにみられる動的なUIは、表示する端末によって動作に差異がでたり、動かないといった問題がでることがあります。

『x-fit』では、スマートフォン、タブレット向けのサイトの多くで利用されている動的なUIを「UIコンポーネント」として用意しています。
「UIコンポーネント」は、国内キャリアより発売されているスマートフォン、タブレットで動作検証されており、端末の違いにより不具合を生まないスマートデバイスサイトの構築・運用を可能にします。

「UIコンポーネント」はスマートフォン、タブレットで動作検証されています。

「UIコンポーネント」は国内キャリアより発売(一部はキャリア外より発売)されているスマートフォン・タブレットのすべてで動作検証されており、HTML、CSS、JavaScriptで構成されています。

UIコンポーネントの紹介

『x-fit』の「UIコンポーネント」は、実際のスマートフォン、タブレット向けサイトで利用されている動的・静的なUIの多くが用意されています。
これらを組み合わせ利用することで、多彩で不具合のないサイトを制作することができます。

  • Carouselカルーセル
    カルーセル
    スワイプ操作でコンテンツを[左右に移動]できるコンポーネントです。
    複数のコンテンツを配置でき、最後まで移動させるとそこで止まります。
  • RotateCarouselローテートカルーセル
    ローテートカルーセル
    スワイプ操作でコンテンツを[左右に移動]できるコンポーネントです。
    複数のコンテンツを配置でき、ループさせることができます。
  • Accordionアコーディオン
    アコーディオン
    コンテンツを[展開/折りたたみ]できるコンポーネントです。
    「1つを開くと、1つが閉じる」といった連動した動きが特徴です。
  • SlideBoxスライドボックス
    スライドボックス
    コンテンツを[展開/折りたたみ]できるコンポーネントです。
    複数のコンテンツを開いておくことができます。
  • Tabタブ
    タブ
    "見出し"をタップすることで、表示するコンテンツを切り替えることのできるコンポーネントです。
  • BlockLinkブロックリンク
    ブロックリンク
    指定した範囲をリンクエリアとして設定することのできるコンポーネントです。
  • Justifyジャスティファイ
    ジャスティファイ
    表示領域に合せて、等間隔でコンテンツを並べることができるコンポーネントです。
  • Panelパネル
    パネル
    コンテンツを等間隔でタイル状に配置することのできるコンポーネントです。
  • Layouterレイアウター
    レイアウター
    段組(カラム)を設定するコンポーネントです。
    段数・広さを簡単に設定できます。
  • Imageイメージ
    イメージ
    設定領域に合せて、画像の大きさを最適に変換するコンポーネントです。
  • これら以外にも、独自タグでの実装として「Switch」(スイッチ)、「Radio」(ラジオ)、「CheckImage」(チェックイメージ)などのコンポーネントを利用することができます。

お問い合せ

『x-fit』(クロスフィット)に関するご質問や、[評価版]のお申込み、[資料請求]等は以下よりお問い合せください。