to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

Galaxyのブラウザにも要注意

SC-02J

国内では約1年ぶりとなるGalaxyの新機種(SC-02J/03J/04J、SCV35/36)が発売になりました。Galaxyシリーズの特徴の1つに、Sブラウザ(Samsung Internet Browser)の搭載があります。端末出荷時点のホーム画面にもSブラウザのアイコン(環の付いた惑星のアイコン)が配置されており、ChromeではなくSブラウザを利用するユーザーも多いでしょう。

このSブラウザ、かつては端末のOS更新に伴ってバージョンアップされるブラウザでしたが、Android 5以降ではブラウザ単独でバージョンアップされるケースも発生しています。つまり、同じ機種やOSバージョンでも、 検証時期によって結果に差異が発生する場合が有り得るということです。

また、Sブラウザ最新版(5.4)はChrome 51相当です。最新版のChrome(2017年6月時点で59)とは、異なる動作になる可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加