to topto bottom

モバイルファースト時代のマルチデバイス対応を確実・簡単に

検証の現場から(2016年7月)

location

当社の製品やサービス(*1)に関連して、新機種が搭載しているブラウザから、端末の位置情報を取得できるか調査(*2)を行っています。今まで取得不可になる例は稀でしたが、今夏に発売されたAndroidの一部で位置情報を取得できない事象が発生しました。

原因を調査したところ、Chromeブラウザのバージョン50以降では、セキュリティ強化の観点からhttp接続時は位置情報を取得できないこと(*3)が判明しました。テストサイトをhttpsに変更すると正常に位置情報が取得できるようになりました。

Chromeはブラウザ単体でバージョンアップが行われますので、バージョン49以下のChromeを初期搭載して発売された従来機種でもこの事象が発生しているはずです。現時点では、Firefoxなど別のブラウザを利用することで回避できる問題ですが、位置情報を利用しているサイトでは、念のための点検をお勧めいたします。

*1:x-Servlet(http://www.flexfirm.jp/x-servlet)、デバイス・プロファイルサービス(http://www.flexfirm.jp/dps)など
*2:HTML5のGeolocation APIを利用するテストサイトへ接続
*3:参考記事(https://developers.google.com/web/updates/2016/04/geolocation-on-secure-contexts-only

このエントリーをはてなブックマークに追加